FN部会

部会メンバー (部会委員:五十音順)

 部会長 吉田 稔(医師)      
 副部会長 岩ア博道(医師)      
 委員 秋山 暢(医師) 大曲貴夫(医師) 岡村卓穂(医師) 木村俊一(医師)
  草場仁志(医師) 橋孝輔(医師) 藤田浩之(医師) 福島 啓太郎(医師)
矢野真吾(医師) 吉田 功(医師)    

活動方針

  がん患者の支持療法におけるFNのマネージメントについては造血器腫瘍を中心に約25年の歴史があり、欧米のみならずわが国でもガイドラインや臨床試験の蓄積がある。しかしながら新規抗がん剤や分子標的薬の導入による対象疾患の拡大や、外来化学療法の普及などにより、近年は固形がんのFN患者が増加しており、そのエビデンスは不足している。FN部会ではまず悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、乳がん、肺がん、大腸がんといった代表的な疾患におけるFNマネージメントの実態調査を計画している。

  臨床腫瘍学会のFNガイドラインの改訂についてはFN部会として全面的に協力し、その後ガイドラインの検証作業などはFN部会で担当する。臨床試験としては現在FN研究会で実施している抗真菌薬の適正使用のための研究(CEDMIC試験)のほかに、昨年FNの適応症を取得したタゾバクタム・ピペラシリンの評価や外来化学療法における経口抗菌薬の評価などについて臨床研究を行っていきたい。

ガイドライン

  • 日本臨床腫瘍学会編:発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン.南江堂2012年
  • 日本造血細胞移植学会編:移植後早期の感染管理 第3版(2014年3月改訂)(http://www.jshct.com/)
  • 日本癌治療学会編:G-CSF適正使用ガイドライン2013年版、金原出版2013年(G-CSF支持療法.2013年版、Ver.3 http://www.jsco.or.jp/jpn/)
  • Crawford J. et al. Haematopoietic Growth Factors: ESMO Clinical Practice Guidelines. Ann Oncol 2010; 21 (Suppl 5): v248-v251.
  • NCCN: Clinical Practice Guidelines in Oncology: Myeloid Growth Factors. (http://www.nccn.org/)
  • ESMO: Management of febrile neutropenia: ESMO Clinical Practice Guidelines. de Naurois et al. Ann Oncol 2010; 21 (Suppl 5): v252-v256.(http://www.esmo.org/ )
  • ASCO: (http://www.asco.org/)
    ✓Antimicrobial Prophylaxis and Outpatient Management of Fever and Neutropenia in Adults Treated for Malignancy: American Society of Clinical Oncology Clinical Practice Guideline. February 20, 2013
    ✓Recommendations for the Use of WBC Growth Factors: American Society of Clinical Oncology Clinical Practice Guideline Update. July 13, 2015